デザイン=感動

デザイン=感動

『教科書を超えた技術経営』日本経済新聞出版社の中では、美しいデザイン、コンセプト、テクノロジーの3つが大切であり、どれも欠けてはならない重要な要素だと書きました。

人や社会を巻きこんだイノベーションには、美しいデザインが必要です。なぜなら、美しいデザインは、視覚的な「かたち」として感性に訴え、可能性を目に見える「かたち」として伝えることができ、人々が感動するからです。

シンプルに言えば、美しいデザインが、テクノロジーを一番使いやすい「かたち」で伝えることができるからです。

また、コンセプトもイノベーションに重要な要素です。なぜなら、コンセプトがあるからこそ、テクノロジーを自然に暮らしの中に取り入れることができるからです。

コンセプトは、なにを、どのようにデザインするかという指針のために必要なものです。そのためには、人々の生活の中に潜むコンセプトを発見しなければなりません。そのコンセプトは、問題の発端を社会の側に置いているので、誰もがそれを理解できるものです。

抽象的な表現が多いので具体例で説明しましょう。
住宅メーカーで働いていることもあり、アップルWWDC2016の中で非常に大きな可能性をもったコンセプト「 Home 」というアプリが発表されました。これは家電メーカーなどと組み、家の照明、ガレージ、エアコン、冷蔵庫、お風呂、エアコンなどをiPhoneで集中管理をしようという試みです。

あまり進展は見られないのですが、特に残念なのは、スティーブジョブス亡き後、彼のように情熱を持ってハードウエアとの連携を日常生活の中でどのように使用するか見せて、一般消費者に魅せる(イメージを伝える)ことが弱くなっている点です。

しかしながら、アップルの強さとは、テクノロジーを普通の人にもわかりやすく伝え、そして、顧客が驚き、感動する(生活を変える)かたちで届けられることだと思っています。