個別コンサルティング内容

新規事業開発に必要な要素を、一つひとつのステップを踏むことで、確実に構築が進むようにプログラムを組んでいます。

  • 直接訪問しレクチャーを行います。(1回3時間の訪問)
  • 各回、もっとも重要な本質的な考え方(他社事例等)を説明させていただきます。そして、質問や簡単な意見交換を実施します。
  • 新規事業開発担当者の役割分担およびスケジュールを確認します。課題として、自社内での検討やフォームシートへのまとめなどをお願いします。
  • 次回までにしっかり課題への取組みをお願いします。
  • 以上を繰り返し実施して新規事業開発の精度を高めていきます。
  • 適宜メールにて送付頂き、すぐに添削します。

月額定額制の新規事業開発・商品開発コンサルティング業務委託契約内容

11ヶ月を目安とした基本プログラムとなります。企業の成長ステージや構築状況に合わせて、プログラムをカスタマイズすることも可能です。

<対象>
決定権者(参加は最大3名まで、幹部役員や部長の参加も可能です)

<回数>
全訪問11回を目安(各回3時間)+メール添削(運営状況確認と提言)

<料金>
月額5万円(消費税別)

<その他費用>
別途交通費(遠方の場合、宿泊費がかかります)、その他経費については実費請求


業務フロー

ヒアリング・レクチャー

「市場(customer)」「競合(competitor)」「自社(company)」の分析を行い、経営資源を発掘し、コンセプト、テクノロジー、デザインの視点から勝ちパターンを一緒に考えます。

  • ①市場を読む
  • ②顧客ニーズを掴む
  • ③クライアントの強みを理解する
  • ④経営者のビジョンに共感をする

コンセプトメイキング

新規事業開発から企業のポテンシャルを引き出すカタチでの製品コンセプト開発など、さまざまなアプローチでご提案します。

  • ⑤感動的なコンセプトを開発
  • ⑥コンセプトに基づく事業戦略づくり

ディレクション

「コンセプト」は、なにを、どのようにデザインするかという指針のために必要なものです。その「コンセプト」を「デザイン」に落とし込み、「テクノロジー」を自然に暮らしの中に取り入れることができるようディレクションします。

  • ⑦コンセプトを言葉やデザインに落とし込む
  • ⑧コンセプトを実現するためのディレクション(方針や方向性を打ち出し)

コミュニケーション

「デザイン」は、「テクノロジー」を一番使いやすい「かたち」で伝えることができます。そのデザインが顧客の生活や社会の中でうまく機能させるための施策を提案します。

  • ⑨コンセプトを最大限に伝えるデザイン戦略

フォロー

  • ⑩ローンチ後、フォローアップ