仕組化

経営コンサルティング

仕組化(マニュアル化)の勘違い(前回のブログの続き)

仕組化(マニュアル化)の本質は、必要のないコミュニケーションを減らして業務効率をアップさせつつ、人がなすべき業務に集中すること。 そのために、組織にはマニュアルが必要になるし、そのマニュアルがあるからこそ協力し合うことができる。
経営コンサルティング

仕組化(マニュアル化)の勘違い

意識させるための工夫をマニュアル化していくことで、どんな問題も自然と対応できるようになる。注意しても繰り返される失敗やミスは、基本的に毎日報告させることで仕組化する。このように人がミスしないように仕組化すると、その結果、いちいち考えなくても良いようになり、効率はどんどん上がることになる。そこに「後の人に対し、同じ効果を発揮する」という再現性を得ることができる。
タイトルとURLをコピーしました